法人クレジットカード 審査落ち

法人クレジットカード比較・人気ランキング HOME >> 法人クレジットカード審査に落ちたら

法人クレジットカード審査に落ちたら

法人クレジットカードの審査に落ちる理由

法人クレジットカードは個人のクレジットカードよりも審査が厳しいので、審査に落ちることも珍しくありません。

しかしカード会社から審査落ちの理由は教えてもらえませんので、「なぜ落ちたのだろう?」と疑問に思う方もいると思います。

審査に落ちてしまった場合に考えられるのは次のような理由があります。

設立して間もなく、事業歴が浅い

全ての法人クレジットカードではありませんが、事業歴は申し込む上で重視される傾向にあります。

一般的には「設立から3年以上」が審査のラインと言われ、「業歴3年以上で2期連続黒字決算」といった条件がある法人カードもあります。

なぜそのような基準があるかというと、法人は倒産リスクが高く、もし倒産して経営者も破産してしまった場合、カード会社は貸し倒れとなるからです。

法人クレジットカードは個人のクレジットカードと比べると利用額も大きいため、もし未回収のまま倒産されてしまうと損失も大きいです。

そのため業績が少なく信用が無い新しい会社は審査に通りにくくなるのです。

過去に支払延滞などがある

過去のクレジットカード申込歴やカードローンの利用歴はカード会社が信用情報機関を通じて共有しています。

クレジットカード会社は新規で申し込みがあった際に、申込者の個人信用情報を照会します。

もし法人の代表者が過去にクレジットカードやローンの支払延滞をしていたり、借入件数が多かったりすると、カード会社から信用を得られず、法人クレジットカードの審査にも落ちてしまうことがあります。

法人代表者の個人情報も審査を行う上で重要なポイントなのです。

会社の実態が把握できない

悪徳業者や詐欺業者にカードを使われないため、会社の経営実態の審査も行われます。

きちんと成り立っている会社だとしても「事業所がない」「固定電話が無い」「事業内容が不明」など、会社の実態が把握できないと審査でマイナスになりやすいです。

固定電話や自社のホームページを持っておくことで、審査通過率はアップします。

申し込みの際の記載ミスや記載もれ

意外と多いのがこれ。何も心当たりがないのに審査に落ちた場合は申し込みの際の記載ミスや記入漏れの可能性があります。

後日カード会社から確認されて修正すれば審査に通ることもありますが、書類の不備による審査落ちはとてももったいないです。

申し込む際は細心の注意を払ってしっかり確認しながら記入しましょう。

法人クレジットカードの審査に落ちたら

もし法人クレジットカードの審査に落ちてしまっても諦める必要はありません。

以下では法人クレジットカードの審査に落ちた場合にとるべき対策について紹介します。

1.審査の甘いクレジットカードに申込む

法人クレジットカードの審査基準はカード会社によって異なります。

法人クレジットカードの審査で1回落ちたからと言って、全ての法人クレジットカードの審査に通らないわけではありません。

審査に落ちてしまったのなら、次は審査の甘い法人クレジットカードを申し込んでみましょう。

設立1年未満でも発行できる法人カードや、申し込みの際に必要書類が少ない法人カードは、それほど厳しい審査は行われないと言えます。

>> 設立1年未満の法人でも作れる法人カード

2.法人デビットカードに申込む

法人デビットカードは決済すると、その場で銀行口座から利用代金が引き落とされるカードです。

クレジットカードのように立て替える必要がないため、カード会社のように貸し倒れリスクがありません。

法人デビットカードは法人口座を開設していればほぼ100%作ることができます

【法人デビットカードのメリット】

与信審査をせずに作成できる

クレジットカードの場合、起業して間もないと与信審査を通過できないことがあります。デビットカードなら与信審査が不要で、法人口座さえあればOKです。

口座残高の範囲まで決済利用可能

クレジットカードは利用限度額が設定されていて、毎月利用できる額が決まっています。しかし、デビットカードの場合、口座残高の金額だけ利用することができます。

公私の分離ができる

個人のクレジットカードを利用せずに済むので完全に公私分離ができます。利用明細の中に私用分が混ざっていないので、利用明細を経費の精算にそのまま使うことができ、経費事務処理にかかる時間を大幅に削減できます。

【おすすめの法人デビットカード比較】

GMOあおぞらネット銀行 Visaビジネスデビット
GMOあおぞらネット銀行 Visaビジネスデビット
JNB Visaデビットカード
JNB Visaデビットカード
楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)
楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)
ブランド VISA VISA JCB
年会費 無料 無料 1,000円(税別)
発行手数料 1枚目無料
2枚目以降1,000円(税別)
無料 無料
発行可能枚数 1社につき最大20枚 カードレスVisaデビットは最大4つ 1口座あたり9,999枚
還元率 1% 1%(キャッシュバックモール掲載店のみ) 1%
利用限度額 500万円 500万円 法人口座の普通預金残高の範囲内
保険 不正利用補償 最高1,000万円 第三者不正使用保険 最高500万円

GMOあおぞらネット銀行 Visaビジネスデビット

GMOあおぞらネット銀行 Visaビジネスデビット

GMOあおぞらネット銀行が発行する法人デビットカード。

年会費無料。発行手数料は1枚目無料。(口座開設時にカードを発行しなかった場合や2枚目発行時は追加発行手数料1,000円(税別)がかかります)

カード利用金額の1%がキャッシュバックされるので、一般的な法人カードのポイント還元率(0.5%)よりもお得なカードと言えます。

宿泊・トラベル・ビジネスサービスの優待が受けられる「Visaビジネスオファー」が利用できます。

JNB Visaデビットカード

JNB Visaデビットカード

ジャパンネット銀行が発行する法人デビットカード。
年会費・発行手数料無料

店舗・ネット決済で使えるキャッシュカード一体型の「JNB Visaデビットカード」と、カード番号だけを発行するネット決済専用の「カードレスVisaデビット」の2種類が用意されています。
カードレスVisaデビットなら最大4つまでカード番号を発行可能です。

キャッシュバックモール掲載ショップで利用の場合のみ、1%がキャッシュバックされます。

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)

楽天銀行が発行する法人デビットカード。
発行手数料は無料ですが年会費は1,000円(税別)かかります。

発行可能枚数は1口座につき最大9,999枚まででほぼ無制限です。

カード利用金額の1%がキャッシュバックされますので、還元率は一般的な法人カードよりも高いです。

ただし盗難補償が付帯していないことと、海外ATMが利用できない点に注意。